事業の種類
service

家畜共済

・説明を簡単にしていますので、実際と異なる場合があります。

待期間中の事故であっても共済金が請求できる場合があります。
詳細はこちら

【死廃事故】
加入家畜が死亡したとき。ただし“と殺”による死亡は除きます。
(授精等の後240日以上経過した牛の胎児の死産を含む)
病気や怪我のために、1〜2日で死亡すると獣医師に診断されたとき。
獣医師から治らないと言われ使用価値を失ったとき。
盗難等の理由により行方不明(30日以上生死不明)になったとき。
種雄牛または種雄馬が繁殖能力を失ったとき。
乳牛の雌が泌乳期に泌乳能力を失ったとき。
乳牛及び肉牛の出生時に奇形又は不具のため、使用価値を失ったとき。
【病傷事故】
加入家畜が病気やけがをしたとき。

営利を目的として畜産経営を行っている農家は家畜共済に加入できます。
加入の窓口は現住所のある地域を管轄するNOSAI支所です。
加入できる引受方式と家畜の種類は次のとおりです。

【引受方式】
〇包括共済・・・
飼養している家畜のすべてについて加入する方式です。対象家畜は牛(乳牛の雌・肉用牛等)、馬(種雄馬除く)、種豚です。
〇肉豚共済・・・
対象家畜は肉豚です。飼養群ごとに加入する群単位引受方式と、飼養豚を年間一括で加入する農家単位引受方式があります。
〇個別共済・・・
1頭ごとに加入する方式です。対象家畜は乳用種種雄牛、肉用種種雄牛、種雄馬です。
【家畜の種類】
〇牛(乳牛の雌、肉用牛等)
出生後第5月の月の末日を経過したもの。
出生後6月未満の子牛及び胎児。
〇馬(種雄馬を除く)
原則として出生した年の末日を経過したもの。
〇乳用種種雄牛、肉用種種雄牛、種雄馬
家畜改良増殖法の規定による種畜証明書の交付を受けているもの。
〇種豚
出生後第5月の末日を経過したもの。
〇肉豚
出生後第20日の日(その日に離乳していないときは、離乳した日)を経過したもの。

(注)牛・馬の加入資格について、詳しくは最寄りの支所へご確認下さい。

共済掛金を納入いただいた翌日から1年間〔ただし、肉豚共済(群単位引受方式)における飼養区分ごとの引受のものについては、 生後20日(または離乳した日)から、生後第8カ月末日まで〕です。
各NOSAI支所の地域ごとに補償期間の開始日を統一している場合があります。

事故が発生した時に支払う共済金の最高責任限度額です。補償期間の開始時における共済価額(対象家畜の種類ごとの評価額の合計) の20%(肉豚は40%)から80%の範囲で選択して加入できます。
十分な補償を受けるためには限度いっぱいの加入をおすすめします。

共済掛金は次の計算式により算定されます。なお共済掛金率は過去3年間の事故率を基に定められます。

共済掛金の額=共済金額×共済掛金率
★共済目的によっては乙率の上乗せ率が設定されています。
掛金の一部は国が負担します。(ただし共済金額には国庫負担対象限度額が定められています)
・乳牛、肥育牛、繁殖肉用牛、馬の場合 ⇒ 50%
・種豚及び肉豚の場合 ⇒ 40%

共済事故が発生したときには、組合職員又は獣医師が確認を行います。速やかに最寄りの支所又は家畜診療所にご連絡ください。

【死廃事故】
死廃事故に対する支払共済金の算定は次のようになります。
支払共済金=
(事故家畜の価額−肉皮等の残存物価額・補償金、または廃用家畜の評価額)×(共済金額/共済価額)
【病傷事故】
定められた額までは無料で診療を受けることができます。
(ただし定められた額を越えたとき、及び初診料については診療費が発生します)